うめのはたけ日記
野菜たちの笑顔をみつけていきたい 日々を綴っています

プロフィール

だっちゃねえ・さん

Author:だっちゃねえ・さん
宮城県在住。
小さな菜園で、野菜作りにはまっています。
今年は土づくりを考えていきたいなと思っています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カウンター

こんにちは

また来てください



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ヒマラヤシーダー 2016.11.23(水)

こんにちは 予報  5~8℃

先日剪定講習会にいってきた
講習会場はうしろに山をひかえたところにあり
その会場の敷地の一角に古民家と西洋風の建物が移築され、それぞれに庭がある
講習を受けたのち、その庭のツツジとサツキ・松の剪定をしてきた。

ふと見ると庭と山の境にヒマラヤシーダーがある
ドイツトーヒと並んで大きく枝を伸ばしてノビノビ大きくそびえている
アラ!こんなんところにいたのね~  と一瞬思ったが
春に伐採したうちのシーダーではないのは確か。  
でも姿かたちがそっくり!
兄弟かまた従兄かどっかで木筋はつながっているだろうから、まあ遠い親戚には違いないだろう
ここで生きていてくれたかと思うと、胸が暖かくなった

画像-0239

うちのシーダーは広大な敷地であれば、伐採しないですんだのだけれど
なんせ狭い敷地にとっては大きくなりすぎた
大きな木がのびのび生きていけるこんな森がいっぱいあったらいいのにな~
大きな木が生きていけるような森が作れるといいね   ってそんなかんたんにはね。。。

講師の樹木医の方おっしゃていた
剪定とは犬をしつけるように人と共に生きていけるようにすること
植物も生きものですよ と。

ところでその切った木はどうしたかというと

IMG_5894.jpg

こんなのに変身
まだまだ木はある次は何を作るかな~
楽しみをシーダーからもらっている
ありがとさん


見ていただいてありがとう!!       おつかれさん 


スポンサーサイト